相続税対策

ご子孫のため、資産の一部を不動産に

節税対策として、預貯金や株式の一部を不動産に置き換える

預貯金や株式で保有している資産には、額面通りや時価の相続税がかかります。

一方、不動産の相続税は路線価(実勢価格の70∼80%)で計算されるので、

実勢価格よりはるかに節税効果があり、相続税額を抑えられます。

TOP
Translate »