不動産投資のメリット

定期収入の得られる安定した投資

副業収入や年金替わりとしつつ、余剰収入は再投資に

 

1、安定した収入の確保

家賃収入が長期的に得られます。家賃は大幅に下がることはないので安定した定期収入になり得ます。

副業収入として、また個人的な年金替わりとして活用できるほか、増えた資産をさらに投資に回すことができます。

 

2、インフレ対策

インフレが進むと、土地価格も上昇します。投資用不動産を売却して、利益を得ることもできます。物価上昇にともない、家賃の値上げも可能です。

 

3、節税効果

家賃収入からは、建物の減価償却費、ローン金利、固定資産税、都市計画税などの必要経費が差し引かれるので、節税効果があります。また、不動産投資で赤字が出た場合は、損益通算により、所得税や住民税の節税も可能となります。

また、相続税対策としても節税効果があります。

 

4、死亡保険代わりに

投資不動産をローン購入する場合、団体信用生命保険(団信)への加入が義務付けられています。ローン返済中に死亡もしくは高度障害などになった場合は、ローン残債は保険から支払われるので、死亡保険の代わりになります。

 

5、家族の住居に転用可能

投資不動産はご自分の資産なので、ライフスタイルの変化に応じて、ご自身やご家族の住居にするなど、他の用途に充てることができます。

 

TOP
Translate »