不動産投資のデメリット

不動産の価値も時代によって変動する

不確実性のリスクに備え、当初から対策が必要です

1、空室リスク

入居者が退居しても、次の入居者がすぐ見つかる保証はないので、その間は家賃収入を期待できません。また大学の移転、大規模スーパーの撤退などで地域の賃貸しニーズが変化する場合もあるので、一度購入したら永遠に安心というわけにはいかず、時代の先を読みとる目も必要です。

 

2、建物の老朽化

経年変化で、建物は老朽化します。古いままだと次の入居者を見つけにくくなり、空室リスクも高くなります。日頃からの修繕とメンテナンスに加え、長期修繕計画が必要です。

 

3、金利リスク

ローンで変動金利を選択した場合には、金利上昇に伴って返済額が増えるリスクがあります。固定金利の利用、借入期間を短くするなどの対策が必要です。

 

4、売却リスク

不動産は、売却しようとしてもすぐに売却できるとは限りません。また、市場の変化などにより、価格が下落したり、売却自体がむずかしくなったりするリスクもあります。そのためにも、当初から時代の先を見据えつつ、優良不動産を選んでおく

ことが大切です。

そのためにも不動産購入の際は信頼できるプロへのご相談がおすすめです。

 

 

TOP
Translate »